CATEGORY
SEARCH BOX
教育関係リンク
Favorite Check
Favorite Link !
ARCHIVES


RECENT ENTRIES
CALENDER
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08月 « 2017/09 » 10月
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
イギリスの給食。
貧相な給食を 日々Blogでアップさせていた
イギリスの9才の子が、投稿禁止を言い渡されていたと
ニュースで 話題になりました。

以前TVで シェフの ジェイミー・オリバー氏の
給食大革命の番組を 観ましたが
まず、イギリスのこどもたちの 偏食のすごさに驚きました。

給食はジャンクフードばかりで、脳にも体にも悪そう。
でも、家に帰ると 同じようなものを 食べている。

ジェイミーが たずねたお宅で
野菜を 多く取り入れてもらうことにすると
けんかが絶えなかった家庭が、おだやかになったという結果。

私は イギリス贔屓なので
イギリスの 全ての家庭がこうであるわけではないことは
付け加えておかなくちゃと思うけど
(招いていただいたお宅の夕食は、すっごくおいしかった♪)

そして、給食を作る側にも 意識改革が必要で
ただ 作られたものを あたためていた調理員たちが
野菜を切って、ごはんを作るという
日本ではあたり前のところから スタートしなきゃならない現実。

学校支援員として 勤務していた2年間で
なんといっても、給食の時間が楽しみでした。
こどもの頃は、あまり好きじゃなかったのに
今の給食はおいしくて、栄養バランスが取れていて
しかも、工夫がされていて 楽しい。
特に 自校給食で、あたたかいのがすてきでした。
つくづく 日本のこどもたちは 恵まれているなぁと思いました。

ジェイミーが
「 自分のこどもに食べさせられないものは 出したくない。 」
と言っていた 一言が 今も心に響いています。

関連記事


クッキング | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

キッズルーム

My LINKS


cotocoto
コ ト コ ト!
エデュ キッチン


↑ おもちゃと まなび
キッズルームのサイト
コトコト*ボックス
横浜・鎌倉 photo!

PROFILE
  • コトン
  • 息子コパンは小学5年生。

  • RSS  管理Page

ランキング参加しました。
クリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

RECOMMEND

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ




だいすきな絵本を ちょっとずつ
本棚に 入れています。
左下の家マークから
遊びに来てね!

かぞくのじかん 3月号
かぞくのじかん 2011年 03月号 [雑誌]


はじめてのうちゅうえほん
はじめてのうちゅうえほん

クレヨンハウス 絵本スクール

クレヨンハウス 絵本スクール―大事なことをぜーんぶ「学べる」絵本ガイド

あたらしいみかんのむきかた 2
あたらしいみかんのむきかた 2

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
with Ajax Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。